医薬部外品の育毛剤の効果とは

医薬部外品の育毛剤は、医薬品の育毛剤と比較して、効果の表れ方が緩やかになります。
さらに、医薬品の育毛剤のような副作用の危険性もないため、薄毛予防や抜け毛予防に効果的です。
ただし、すでに薄毛が進行してしまった方には、医薬品の発毛剤の使用が推奨されます。

と言うのも、医薬部外品の育毛剤には、髪の毛を生やす効果は一切ありません。
薄毛の予防と頭皮環境の正常化程度の効果しかないのです。
そのため、すでに薄毛が進行してしまったかたは、発毛剤に頼る以外の方法はないでしょう。
多くの方が勘違いされていると思いますが、育毛剤と発毛剤は全く効果違います。
育毛剤は名前のとおり、髪の毛を育てるものなので、すでになくなってしまった髪の毛を生やすことはできません。
したがって、髪の毛を生やすには、発毛剤を使うしかないのです。
抜け毛予防のABC

コメントを残す